ホーム

身の毛もよだつメタボ予防の裏側 

読了までの目安時間:約 3分

地下鉄に乗った時に新聞でメタボ予防について知ったんです。去年くらいからメタボ予防は、関東で大人気なことを知りました。そこで、わたしも、兄弟と一緒にメタボ予防について少しだけPCで色々見ました。なので、今回の記事は、これ関連のことについて詳しくまとめていきますね。ガリガリに痩せるためのダイエットで一番重要な事項は、やる気をいかにキープしながら、摂取カロリーの制限をキープすることができるか、できないかで大きく結果が変わってきますよ。この重要なポイントが十分に頭で理解していないとほぼほぼポッコリお腹がへこまないまま食事量を減らすことを投げ出してしまう初心者が多数です。普段の食事は、絶対にご飯などの炭水化物AND脂肪や甘いものみたいなカロリーの多い食べ物は、全体的に食べないでください。これを守るだけで摂取カロリーを1日で多くて35%は減らすことが実現できるでしょう。それで次に努力なくメタボを解消するには、朝食の摂取する順番をチェンジするようにしてください。とりあえず食物繊維のたくさん含んだ野菜を1番最初に食してくださいね。それから、キャベツ、レタスは最低でもとりあえず2、3分間はしっかり咀嚼して流し込むようにしてください。こうやることで、血中の糖の急速な上がり方を防御することが可能になります。糖が急速に上昇しないので、太るホルモンの分泌量のスピードをなだらかにすることができます。ここで、インスリンについてもうちょっと簡単に説明します、インスリンホルモンは別名メタボリックホルモンと言われています。ダイエットを今日からスタートさせる人やダイエットジムの会員さんでもこの太りホルモンと減量の関係性についてかなり理解しているダイエット経験者は、少ないと思われます。食事制限の重要なことをしっかり頭に叩きこめれば、お尻のお肉も短い期間で減少させることだって全然夢ではありませんよ!!!昨日までこのやり方知らなかった人が99,9%だと感じました。ほんと情報を知らない、無知って恐ろしいですよね。これからは情報社会なので、情報弱者にだけはならないように日頃勉強して行きたいですね。

あの直木賞作家もびっくり 驚愕の脂肪を燃やす

読了までの目安時間:約 3分

昨日は家に帰ってきてからいつものようにビールを飲みながらテレビをみtれいると脂肪を燃やすについての特番がはじまりました!脂肪を燃やすは聞いたことがあったんですけど、なかなか興味が湧きましたね!今度は自分も余裕があったら始めてみようかと思いましたよ!でも30すぎのおっさんに簡単にできるのだろうかと、ちょっと疑問もありますけど、自分は割と楽天家なのでやってダメだったらその時に考えるというプラス思考な性格なのです。笑 では今日は脂肪を燃やすについてもうちょっと詳しく紹介しますね!自分はアスレチッククラブで体育の教師兼インストラクターをしていますよ。今のようなトレーニングをご指導するのは大学を卒業して10年目になりますね。今は主に大学の学生さを中心に健康指導を週に4回程度指導しています。そんな指導を毎日していて気づいた点を紹介していきたいと思います。とにかく、痩せることで、ダイエットが続かない理由の一つに栄養バランスの崩れがあります。辛い運動でも太ももが痩せない40代の会社員が10人いれば3人はおられるのが今のダイエットの現状です。そんな初心者の特徴として炭水化物を極めて食わないことがいえるでしょう。カロリーが減ると身体を守る命令が脳内から指示されます。この時、体内は消費エネルギーをコントロールして消費エネルギーを完全に使用せずにするのです。このことが一般的な人が体脂肪が落ちないわけの大きな要因になています。ですが、雑誌等で正しくない情報を見てしまって間違った方法を行ってしまっているのです。これでは絶対に成功しなくて当然ですね。なので、インストラクターであるわたしはともかく、ダイエットを始める以前に成果の上がる体脂肪だけ落とす方法を講義で勉強してもらっているんです。こうすることで、順調に失敗せず運動競技を始めることができています。女の子でも3週間で体脂肪が2,5キロもお腹のぜい肉が取れた方も多くいました。こんな感じでストレスフリーダイエットを信じて継続すれば、痩せなくて悩んでる女性でも意識せずにいても体重を減らすことができてしまうのでまずはこの方法を試して自分でも痩せることができる感覚を覚えていきましょう。よくビジネスの世界で、成功する人はあえてリスクを自ら進んで取りにいくと言います。私も実際にそうだと思います。これは脂肪を燃やすの世界でも同じだと思います。無料でももちろん始めることは可能でしょう。しかし、その道を選んだ時点で、その他大勢の人と同じスタート地点になってっしまうのです。だからあなたはこれからの自分の行動をよく考えましょう。

カロリー摂取量に賭ける若者たち 

読了までの目安時間:約 3分

お給料は上がらないのに物価は上がり、税金もあがる。こんなにきついことはありません。なんとかしてくださいー。選挙へ行った人も人口の約半分。少ないですね。みんな諦めているように感じます。日本は一体これからどうなるのでしょう、、、ってかそんなこと考えても仕方ないので、私はカロリー摂取量についてもっと詳しくなりたいなと考えています。だから、今必死でカロリー摂取量を独学で勉強しているんですよ!体脂肪を落とす方法で重要な事項は、やる気をいかに保ちなながら、摂取エネルギーの制限を耐えることができるか、できないかで大きく結果が変わってきますよ。この重要な事柄が理解できない場合下半身太りが解消しないまま減量をやめてしまう人がかなり多いです。日々の食事は、基本的にカーボAND脂分や糖質などのようなエネルギーの多い食べ物は、できるだけ食べないでください。このようなことを継続だけで余分なカロリーを8時間で20パーセントくらいは減少することが実現できます。そして、次に1番効率よく体型を改善させるために晩御飯の食べる順番をチェンジするようにしてください。1番最初に繊維質がいっぱい含んだサラダをはじめに食べましょう。それから、サラダは少なくても絶対60秒間は噛んで飲み込むようにすることをおすすめします。こうすることで、血中の糖の急激な上昇を防ぐことができるのです。糖が急激に上がらないので、インシュリンの分泌のスピードをなだらかにすることが可能です。ここで、インシュリンホルモンについて少し説明します、太りホルモンは別名メタボリックホルモンと言われているんですよ!減量を今日からスタートさせる運動不足な人やフィットネスジムの会員さんでもこの肥満ホルモンと減量の関連性についてちゃんとわかっている方は、少ないと感じてます。プチ断食のポイントを覚えれば、下半身の脂肪も簡単に落とすことができるようになるので頑張ってくださいね。どうもどうも、最後まで読んで情報多すぎて疲れたんちゃうかな?大丈夫?また気が向いたら記事書くね。

ど短期ダイエットはどこへ向かっているのか

読了までの目安時間:約 3分

昨日の夜は歓迎会でお酒飲み過ぎちゃいました!なので、今夜は思いっきり二日酔いでまだ頭が痛いですwww なんでいつもわかってるのに飲みすぎてしまうんですかね?笑 本当に意思が弱いというか、、、でも私はど短期ダイエットのことはちゃんと続けているんですよ。。ど短期ダイエットを初めてかれこれ10年くらいはなりますね!だからど短期ダイエットに関しては詳しいですよ。いろんな人と話したことありますが、こんなにど短期ダイエットが詳しい人は初めてだとみんなに言われるんです。なのでここでも、私の知識のごく一部をわかりやすくお伝えしますね。モデル体型を目指すダイエットで最も気にしなければならない事は、気持ちをいかに保持しながら、普段の食事の制限を維持することができるか、できないかで大きく結果が変わってきますよ。この重要なことがわかっていない時はたいてい痩せられないまま痩せることを放棄してしまう場合が多数です。食生活は、まずは、白米、パン、うどん、蕎麦などのような糖類に脂肪やお菓子みたいな糖分、脂質が多い食べ物は、絶対に抑えましょう。これを継続だけで余分なカロリーを朝から夜までで60%くらいは抑えることができるんですよ。それで次に1番効率よく痩せるためには食物の摂取する順番を変えましょう繊維質がいっぱい含まれてるサラダを最初に食べて下さい。2番目に、おかずは少なくても確実に15秒間はしっかり目に咀嚼して飲み込むように頑張って継続してください。こうやることで、血糖値の急速な上がり方を穏やかにすることが可能になります。血糖値が急激に上がらないので、インスリンの分泌のスピードをなだらかにすることが可能です。ここで、インシュリンホルモンについてもう少し詳細を話すとすると、太りホルモンは別名肥満ホルモンと言われているんですよ!痩せることを今日から行う運動不足な人やスポーツジムのインストラクターでもこのインシュリンホルモンと減量の関係性について深く知っている方は、少ないと思われます。ダイエットと食事制限の要点をチャレンジできれば、ぽっこりお腹のぜい肉もストレスなく落とすことができますよ。ど短期ダイエットについて長々とお話しましたが、どうだったでしょうか?これからもど短期ダイエットについて新しい情報を更新していくので気長に待っていてくださいね。では!

FREE メタボ予防!!!!!

読了までの目安時間:約 3分

どうも久しぶりの投稿になってしまいましたが皆さんはお元気ですか?今日はメタボ予防について語っていこうと思います。断食の停滞期とホメオスタシオス停滞期というものが、長いスパンで食事制限ダイエットをしているアラサーはみんなあるといいます。体脂肪が順調に減っていたのに、痩せない時期になると減る量が鈍感になってくる人が多くいます。この時期増えるのが、ダイエット効果に対するやる気持ちが、フィットネスジムでも運動をさぼっているしんどい食事方法もプチ断食しているのに内蔵脂肪が極端に減らなくなってしまう中年たちです。カロリー消費量が減少する時期は、身体の内部が身体のバランスを保とうとする機能という体の守る機能になって起こるのです。身体のホルモンバランスを保つ働きとは生き物の体の状態を一定に保とうとする生き物の体の機能で、周囲の温度が落ちても体温は一定に保とうとするのも身体のバランスを保とうとする機能です。食品を痩せる方法のために何が何でも減らそうとすると、お腹のぜい肉を保とうと食べ物が減ってもホメオスタシオスは機能しているのです。その為、できるだけ脂質として取り入れたカロリーを蓄積するので、エネルギー消費を少なくします。摂りいれることができる食べ物が減少したとしても停滞期のときは体の中の環境が変化しないように、必死に体の中が対決している状況であると医者から聞きました。カロリー消費量が減少する時期がこれくらいの期間続くと、また痩せ方が体中が以前のように戻って効率よくスムーズに進むと言われております。痩せない時期の間は40代により差が出るので約2週間くらいで完了する社会人もいれば、2年もかかる10代もいます。ダイエット成功を阻むことですが、停滞期とは正常な身体が起こす正常な反応なんです。痩せ方は、痩せない時期をすぐにくりあする成功するまで頑張ることが一番の課題になるのでこれから少しずつ習慣化していきたいですね!!メタボ予防をマスターして詳しくなろうと思った場合は今日のブログを思いだして実行してみると良いでしょう。きっと気づきが獲れるでしょう。その繰り返しで今よりも高いレベルでメタボ予防できるようになりますので自信をもってください。

1 2 3 5
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報